マイホーム攻略

マイホームに対する疑問を自分の経験を含めて解説していきます!

自分に合った住宅の種類とはどんなのか?

f:id:osusumesearch:20161211221301j:plain

 

マイホームがほしいと漠然と考えているよりも、まずは行動あるのみです!

私は現在マイホーム建築中ですが、セミナーに参加したり、資料を大量に取り寄せることから始めました。夢のマイホーム、予算もオーバー出来ない。妥協もなるべくしたくない。自分に合った家づくりを考えてみよう!

 

 

 

 

ハウスメーカーの選び方

マイホームを手に入れる為の第一歩、自分が借りられる住宅ローンの金額がわかったら 次はハウスメーカー選びです。

かなりの数があるハウスメーカー工務店。その中から自分のイメージに合う家づくりができ、予算内で建てられるハウスメーカーを選び出すのは大変です。

ホームページを見たら情報を得ることも出来ますが、たくさんのハウスメーカーをひとつひとつ見て比較すると時間がかかってしまいます。

 

そこで、オススメするのが様々なハウスメーカー工務店の資料を一括で請求できるハウスメーカー・工務店の資料一括請求!

(わたしも資料請求をしてみました)

届く資料は結構有名どころのハウスメーカーでした。パンフレットを見ると「このハウスメーカーはこんな家づくりをしているんだ」と、とてもイメージしやすいです。

特にしつこい電話などはなく、モデルハウスの公開などイベントがあれば手紙が届く程度です。

その他にも気になるハウスメーカーがあれ資料請求した方が良いですね!

比較するものは多い方がやりやすいです。

 

 

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】

 

住宅の種類

家づくりといっても色んな種類の住宅があります。

主に「建売住宅」「規格住宅」「注文住宅」の3種類です。

ではどんな違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴を見てみましょう!

 

建売住宅

建売住宅は、出来上がった家を販売している住宅のことをいいます。

家を建てるとなると、外観や内装など出来上がりを想像して作っていきますが、なかなかイメージができないものです。建売住宅は完成された家を見て購入できるので「イメージと違った」ということはないかと思います。価格も比較的安く設定されていることが多いです。

 

規格住宅

規格住宅は、あらかじめいくつか間取りが決められているものの中から、自分の好きな間取りを選んで家を建てていきます。

ハウスメーカーにもよりますが、間取りを多少変更できたり、窓の位置や数も変えられることもあります。結構自由度の高いハウスメーカーも多くあります。

あらかじめ決められているものが多いので打ち合わせの回数も削減できるのでスムーズに進めることが出来ます。

 

注文住宅

注文住宅は、オーダーメイドなので、間取りも仕様も自由に決めることが出来ます。

こだわりをしっかりと反映させれるので、満足度の高いの家づくりが出来ます。

こだわり過ぎると予算オーバーしてしまうので、しっかり予算配分することが重要です。価格は建売住宅、規格住宅に比べると高めの設定となっています。

 

まとめ

自分に合った住宅は何か考えてみましょう!

住宅にこだわりがあり、時間をかけて満足のいく家づくりがしたいのであれば、注文住宅が良いでしょう。

コスト面を重視して、低予算で建てたい人は建売住宅や規格住宅が合うのではないでしょうか。

それぞれメリットもあれば、デメリットもあります。自分が何を1番に優先するかで住宅の種類は決まってくるかと思います。